空木岳   2863.7m      NO-75 2002/8/16〜18 (金日) 旅行会社 ツアー 天候 曇り/雷雨有り 標高差 1900m 参加費 35800日本百名山




                                                          


【第一日目】
新宿出発(バス)(19:30)→中央高速→駒ヶ根(22:00) 宮田観光ホテル(大広間)仮眠 

【第二日目】         歩行時間 11時間     (休憩食事含む)
宮田観光ホテル(05:15)→登山口林道終点(06:00→大地獄→空木岳駒峰ヒュッテ(17:00)→空木岳→駒峰ヒュッテ泊

【第三日目】         歩行時間 7時間30分  (休憩食事含む)              
駒峰ヒュッテ(04:15)→空木岳→大地獄→登山口林道終点→宮田観光ホテル(入浴)→中央高速→談合坂→新宿(20:00)



12日程ある休暇を利用し、カナダ旅行を計画したものの自社便の空席がなく、やむなく、22名程の近畿日本ツーリスト山行に参加する。
新宿バスターミナルを(19:30)に出発し中央高速を一路駒ヶ根へ、宮田観光ホテルに着き、大広間通され、座布団を敷き仮眠する事4時間余り、起床(04:15)朝食を済ませ、登山口までマイクロバスで送って頂く、天候は台風13号接近の影響か雲が薄く
掛かってきた。登山口(06:00)賑やかにプロの案内人と添乗員の案内のもとで空木岳をめざす、
折から台風13号が接近の影響で極楽平からの尾根ルートを変更し、
駒ヶ根高原スキー場から空木岳までの往路コースとなる。

この登山ルートは比較的歩きやすい、参加者の1人が体調が思わしくなく大分ゆっくりペースであったが何より空木岳非難小屋付近で雷鳴が轟き始め約45分程【雷さん】が通り過ぎるまで避難する。

通常のコースタイムは登り8時間であるが食事、休憩、含め駒峰ヒュッテまで11時間かかり全員到着 17:00
早速荷物を置き、空木岳頂上まで5分、明日の天候が分らない為、今日中に頂上へと6時の夜食前に登頂する。

小屋は大変きれいな小屋で快適に一夜を過ごすことが出来、翌朝も薄い雲が立ち込めていたが、清々しい空気の中
再度登頂する。下山は往路下山で7時間30分と順調に登山口まで宮田観光ホテル迄30分程歩き入浴後ホテルを後にし
東京へ、新宿到着は(20:00)となる。


空木岳付近 木曾駒ケ岳
空木岳山頂 駒石付近を行く
        登山道に咲く花
マルバダケブキ
マルバダケブキ
カニコオモリ
カニコオモリ
ヤナギギク ヤナギラン

                 ウサギギク                          ヤナギラン


                     写真は山行を共にさせて頂いた加藤栄ニ様提供です