劍岳  2999m          NO-122 1泊2日 単独 (車) 天候 曇り/晴れ 気温14度 走行`数 320/680      
                                  日本百名山

                       
                    カシミール3Dにて作成

             

標高は国土地理院にて再調査の結果によるものです。

劒岳は古来立山参拝者の間で針の山として恐れられ登ってはならない山として崇められていたそうです
積雪期はヒマラヤ登山の訓練を兼ねての登山者は多く、日本中のクライマーに愛されている岩と雪の殿堂とパンフに有る。
憧れの劒岳に再挑戦!!
昨年8月16日に悪天候の為、前劒で撤退し、再挑戦となる、一緒に登った単独で横浜から来られた
自営業の方は、一度目は剣御前小屋迄、二度目は剣山荘、今回で三度目の挑戦との事でした。

【第一日目】 2005/8/8 (月) 薄曇り 
            歩行時間3時間45分 (休憩含む)    

都内自宅(04:00)→首都高→中央高速道→長野自動車道→梓川S.A(朝食30分)→豊科IC→

扇沢駐車場 (08:20)→扇沢駅(09:00)→黒部ダム→黒部湖→黒部平→大観峰→室堂バスター

ミナル10:45→雷鳥沢→剣御前小屋(昼食13:00〜30)→劒山荘到着(14:30

休暇もとれ、天候もまずまずとの情報に、一路マイカーで扇沢をめざす。
梓川SAにて朝食をすます、
豊科ICからR310を北上し安曇野の里を通り柏矢町交差点を右折、R147をひたすら北上し大町市へ
標識に沿い扇沢大町線、R45号を扇沢駐車場まで道なり自宅から4時間20分で到着。

27分待ちでアルペンルートで室堂に到着したのは10時45分玉殿湧水で水を補給しミクリガ池から
雷鳥平を抜けコバイケイ草の咲く雷鳥坂ではあるが石が多く大変歩きにくい、劒御前小舎に13:00
到着し昼食。
昨年より雪渓は広く、日本3大雪渓の一つ剱沢雪渓を渡り(全部で5ヶ所、シャーベット状で危険は
無い)。
劒山荘到着は14:30分昨年よりお盆前の平日の為か、かなり空いている。
チェックインを済ませ案内されたのは八峰、10畳程の部屋にすでに8人分の布団が敷かれていた
早々にお風呂に向かい、汗を流すこととする。
雪解け水を利用しているので1人3分ぐらいでとの要望、
浴槽は3人で一杯になり4〜5人で1回3分〜5分程ではあるがドアの外で5人ほど裸で待っている、
一人出ると一人、入る
、2480mの山小屋でお風呂に入れるとはなんとも素晴らしい。

最初の食事は17:00から順次に済まし、18:50分からのテレビは富山県及び山岳の天気情報を放送
明日は、雨の確率0パーセントとの予報に早々に、1人1枚の布団で20:00に就寝する。



【第二日目】 2005/8/9 (火))晴れ 
                 歩行時間 10時間      行動時間 12時間

劒山荘出発(04:30)→1服劒→前劒→平蔵のコル→カニのタテバイ→剣岳頂上(07:20〜50)→カニノヨコバイ→
平蔵のコル→前剣右側10m→1服剣→劒山荘(09:30〜10:30)
→劒沢小屋→剣御前小屋(12:20〜13:00昼食)→雷鳥沢→室堂バスターミナル(15:30〜16:30(→
(アルペンルート)扇沢着(18:12)帰りは駅での待ち時間が少なく早い

立山連峰は前回浄土山から雄山、富士ノ折立、別山と縦走しているので、今回は劒岳のみとし04:25にヘッドランプを付けての出発、15分程歩くと、空は白々と明け始めてきた30分で1服剣、

写真をとりご来光を待つがなかなか顔をださず待ち切れずに、急登の岩場を登り始めると前剣直下でご来光を見る事が出来た、多くのクサリ場はなるべくクサリに頼らず上り下りを心がける。

カニノタテバイから頂上では身の引き締まる感動と30分程の、眺望を堪能する、カニノヨコバイと渋滞もなくスムースにクリアーする事が出来、一年間待った憧れの劒岳に登頂する事が出来、至福の山旅でした。
有難うございました。
                 劒岳山行 歩行時間     通算 13時間45分


みくりが池
みくりが池
地獄谷
地獄谷
コバイケイソウのお花畑
お花畑
コバイケイソウ
ヨツバシオガマ
ヨツバシオガマ
日本三大雪渓の一つ剱沢雪渓[5ヶ所有り
日本3大雪渓の一つ剱沢雪渓 ( 5ヶ所の雪渓有り)
雪渓を今朝劒岳に登頂した登山者が帰ってくる
雪渓を今朝剣岳に登られた登山者が帰ってくる
一服剣にて夜明け
一服剣にての朝焼け
前剣直下でのご来光
前剣岳直下のご来光
夜が明けたばかりの前劒岳先のクサリ場
夜が明けたばかりの、前劒岳先のクサリ場、滑落すると長い旅に出る事になる
平蔵のコル  後続の登山者は一人もいない
平蔵のコル 後続の登山者は1人も見えない
平蔵のコル
平蔵のコル

登りのカニのタテバイ
登りの  カニノタテバイ
垂直の カニノタテバイ
登り カニノタテバイ
劒岳山頂
空いていた 劒岳頂上 30分程眺望を堪能する感動!
右上に白山が見える
右上に白山が見える
下りのカニのヨコバイ
下りルートのカニノヨコバイ
下りの梯子
下りの梯子
1時間後に下ってくると、続々と登山者が登ってくる 
私達が1時間後に下ってくると多くの登山者が登ってきた
劒岳  剱沢の池塘にて
剣岳  (剱沢の池塘にて)


費用内訳
首都高速
中央高速(八王子〜豊科)
扇沢〜室堂(立山黒部アルペンルート)往復
剣山荘(1泊2食)付)風呂有り

扇沢駐車料金(2日分 )
ガソリン代  30リッター

復路の高速代は五竜岳、鹿島槍ヶ岳へ
                     合計
  700
 5050
 8500
 7500
 2000
 4134


27,884円


アクセスカウンター

        



劒岳