光岳   2591m      NO-170 2007/8/6〜7(月火) 単独(車) 天候 曇り/晴れ/ 15時過ぎより 雹交じりの雷雨     日本百名山

                                        


易老渡〜易老岳〜光小屋(泊)〜光岳〜光岩〜光小屋 イザルケ岳〜易老岳〜茶臼岳〜上河内岳〜聖平小屋

    

 
2007/8/6〜7
2日間のGPS軌跡
  
歩行距離  約33km
 標高差    2212m  
3日間登り累計3400m
    下り累計3400

14:50に光小屋に到着

【1日目】2007/8/6

都内(00:20)→中央高速道→飯田IC(04:20)→易老渡(880m/7:30〜50)〜易老岳(2354m)
(12:32/50:)
光小屋(14:50〜)

【2日目】2007/8/7

光小屋(05:15)光岳(2591m/05:26)〜光岩(05:38〜45)〜光小屋06:15イザルヶ岳(06:28)

易老岳(08:24〜34)〜茶臼岳(2604m/11:13〜20)〜上河内岳(2803m/13:17〜22)〜聖平小屋(15:22)

南アルプス最南端の山で光る石灰岩峰が名前の由来の光岳(てかりだけ)に易老渡から入り
標高差約1500mの易老岳への急坂を登り光岳から好展望のイザルヶ岳、易老岳茶臼岳、
上河内岳、聖岳、奥聖岳、迄行き、便ヶ島、易老渡へ戻るコースを2泊3日で計画する。

中央道飯田ICを出て唖然とする。
東京では易老渡や聖小屋のカーナビにセットが出来ず飯田ICまでくればカーナビへのセットが
可能ではないかとの思いは見事に外れた、何度設定しても目的地を変えて下さいと繰り返すのみ。
山の地図は持参したが道路地図を持参しなかった事が悔やまれる。

05:00近くに、ウォーキングされている方に道を教えて頂き、普通は2時間位で登山口の
易老渡に到着出来るようですが、なんと飯田ICから3時間10分も掛かってしまい、3時まで
光小屋に到着しないと夜の食事は出ないと聞いている。

コンロと食料は持参していたが、小屋での食事が楽しみ、コースタイムでは8時間20分とある。
易老渡の登山口を出発したのは(07:50)を廻っていた。
山の地図では易老岳までの標高差約1500mは5時間30分である。
きつい登りの連続、何とか易老岳の分岐まで4時間30分で到着し、1時間短縮する。

小屋泊まりとして、寝袋とテントは車に置き、ザックを軽くしたのが良かったのかも知れない。
光小屋まで7時間の14:50に到着、タイムリミットの15:00、10分前に受付を済まし夕飯に有り付ける

私より少し早く到着した登山者は光岳を目指した、15:10頃から雹交じりの雷鳴が轟き激しい雨にずぶぬれになり小屋に帰ってきた

夕立は1時間ほどで止み、綺麗な虹が見られた

翌朝、04:00起床、朝食04:30、小屋を出発したのは05:15、10分余りで光岳山頂に到着
、光岩(てかりいわ)まで行き小屋から昨日登って来た易老岳、茶臼岳、
200名山で眺望の良い上河内岳(2803m)から南岳、2泊目の聖平小屋に15:22に到着、したが、
到着の1時間ほど前からヘリが何度も飛来していた。

夜食の際、小屋の主人から、沢登りの2人パーテーの1人が滑落の事故が起き、救援に向かったと聞く、ヘリも岩と岩の間を入った所で1時間ほどホバーリングしていたが救助できず、明朝、大勢の救助隊で向かうとのこと
8月8日(06:30)からヘリが飛来し、救助が再開されたようでした。
小聖岳、登山道近くの沢でした。
無事である事を祈るのみです




易老岳分岐 立ち枯れの木が目立つしらびその樹林帯
2時間で右上にある光小屋まで行かなければならない 光小屋到着後15分ほどで雷雨となる
綺麗な光小屋内 1時間ほど雹交じりの雷雨も止む
1時間の豪雨のあと綺麗な虹が見られた 雨も止み、明日、登る聖岳がはるか彼方に見える
夕立の後、綺麗な虹が… 明日登る聖岳がはるか彼方に見える
朝焼け (朝食が04:30の為ご来光は見られず) 小屋から10分余りでしらびそに囲まれた光岳山頂へ
光小屋でご来光を待つが04:30の朝食で見られなかった 光岳山頂 
南アルプス最南部の展望 光岩にて
光岩と奥深い山域が広がる 光岩にて
イザルガ岳からの展望 三吉平付近より
イザルヶ岳山頂 三吉平から標高差300m下る、
上河内岳の展望も素晴らしい 2泊目の聖平小屋にて
上河内岳山頂 聖平小屋(2日目)




上河内〜南岳に咲く花

タカネマツムシソウ タカネウスユキソウ
チシマギキョウ
イワカガミ
イワカガミ ハクサンチドリ
南アルプスに咲いていた花
タカネウスユキソウ、チングルマ、イワツメグサ、
イワギキョウ、ミネウスユキソウ、クロユリ、
チシマギキョウ、タカネマツムシソウ、クルマユリ、
ハクサンフウロ、キバナシャクナゲ、ハクサンチドリ
イワカガミ

アクセスカウンター

費用内訳
首都高速
東京→飯田IC
ガソリン350km/40L
@141円
光小屋(1泊2食)
シェラフ付き

合計
 560
3900
5581

7500


17541円




      

                            この後聖岳に向う

光岳