至仏山    2228m        NO-125 2005/9/18  単独(車)鶴岡68歳11ヶ月 天候 晴れ 走行キロ数467km          日本百名山
                                                                                               

 尾瀬 山の鼻より至仏山を目指す

        歩行時間 約5時間(コースタイム5時間30分)   行動時間約6時間(食事&休憩含む)

                登り  3時間15分          下り1時間時間40分

                

都内04:30→沼田IC→ロマンチック街道→戸倉→スキー場駐車場(朝食)(07:30〜0800)→バス→
鳩待峠(08:35)→山の鼻→至仏山((11:50〜12:50)→小至仏山→鳩待峠(14:30〜45)→スキー場駐車場
(15:07〜15)片品温泉うめや(入浴)(15:30〜16:30→関越道30km渋滞→自宅(21:00)



 今年皇海山登山の帰りに下見に立ち寄った際は残雪が大変多く50cm〜70cmほど有ったが、雪はすっかり消え
3連休の日曜日と有ってかなりのマイカーが入っている。
250台入る、戸倉入り口の並木駐車場はすでに満車、上の戸倉スキー場駐車場は900台駐車可能、係員の誘導で駐車する
駐車料金は1日1000円、200mほど上がったホテル前より鳩待峠行きの乗合バス叉は乗合タクシーに乗り、料金は共通乗車券で片道900円。

蛇紋岩に覆われた至仏山は、山の鼻ルートの急坂は大変滑りやすい為、登りにこのルートを選ぶことにする。
この山は今日で6回目だと言う埼玉から来られたご夫妻にアドバイス頂く
鳩待峠から約183mほど下るが、比較的安全との事、登山の熟練者とお見受けしました。
反時計回りだと標高差は約820m
下から見ると穏やかな形をしているが、近くに行くとゴツゴツとした岩の多い山です
この時期は花も極度に少なく紅葉にも少し早い。
次の機会に、幻想的な尾瀬を撮るのが楽しみです。


   

鳩待山荘


鳩待山荘
山荘前にある登山者に注意の看板
至仏山一帯は蛇紋岩系の岩で覆われ周辺の山に比べ森林限界が非常に低く、大変滑りやすいとの事
至仏山を目指す
遠くから見ると大変穏やかな形をしているが。。。
遠く燧ヶ岳 眼下に尾瀬ヶ原
遠く燧ヶ岳と眼下に尾瀬ヶ原が広がる
ごろごろとした岩の多い登山道
ごろごろとした岩の多い登山道
蛇紋岩の急斜面の写真を撮り忘れてしまった
私です
燧ヶ岳をバックに、下は尾瀬湿原
至仏山 山頂
至仏山頂 (11:50)登り3時間15分)
登山客で賑わう至仏山 山頂
正面は登山客で賑わう至仏山 山頂
小至仏山を目指す
ハイマツ帯のなかを小至仏山を目指す
小至仏山 山頂小至仏山頂
アクセスカウンター
費用内訳                
     
首都高速       700X2   1400
外環状線       500X2  1000
練馬〜沼田     3450X2  6900
駐車料金              1000
バス代戸倉〜鳩待峠 900X2  1800
ガソリン代35.5L         4437
 片品温泉入浴代           500
 

          合計     17,037円