利尻岳    1719m         NO-218 2009/8/9 単独(空路)登山、日帰り 天候 晴れ 旅程 2泊3日 気温 16℃


利尻北麓野営場〜鴛泊コース〜利尻山北峰山頂(往復)



深田久弥の名著「日本百名山」の最初に紹介されている、日本最北の名峰、利尻山です。
標高1721mの利尻山は火山によって島の基盤が形成され、
その後の噴火で現在の山容が出来上がりました。山頂付近の荒々しい形状は火山によるものでなく最北の激しい風雪により山肌が浸食と崩壊を繰り返し出来たものです。  (利尻島観光パンフより)


休暇を利用し北海道の百名山を三座予定したが、7日間の休暇となり、フェリーを取りやめ、空路を利用することとなった、幌尻岳は3日間を要するので今回は利尻岳と羊蹄山の二座のみとなる。
利尻岳の空路は1日1便の為、3日間を要した。

【8月8日】
千歳空港から利尻空港に到着しYHに電話を入れると、15分ほどでYHのご主人に車で迎えに着て頂き2泊お世話になる。
ユースに到着したのは飛行機の遅れと雲が架かっていたため着陸のやり直しやらで、到着時間は遅れる事、1時間余り、15:15分ごろになった。

ユースのご主人にユースの裏手にある夕日が丘と夜食の美味しい店を教えて頂く。
早速、夕日が丘に登って見る、
標高は低いが素晴らしい展望に満足。
夜食の店とコンビニの場所を確認と明日の食糧を仕入れる、ユースで用意して頂いたおにぎりは昼食用とし、朝はパン食とする。

夕日までの時間を付近の散策で過ごす事とする。
宿は8畳間に3人と非常にゆったりとしていた、朝食のみで夜食はなし。

夕日を見に同宿の川崎から来られたTさんと、夕景から夜食まで行動を共にする。
ユースで教えて頂いたお魚の美味しい店、力丸の1日目の刺身の盛り合わせも新鮮で美味しかった。
2日目はウニ丼を注文する
いずれも新鮮で美味しい海の幸の料理に満足度は最高であった。

【8月9日 利尻岳 登山】
登山口までユースの女将さんに送っていただき、05:10に到着し身支度を整え、ユースに同宿し利尻岳登山の
神奈川県からマイカーで来られたIT企業エンジニアさん、IT企業に勤務するN子さん、と三重県から来られたK子さんと私の4人での快適な登山となった。
6合目の急坂と、9合目の崩落の激しい場所を除いては快適なコースである。
機会が有れば違う季節にもう一度訪れたい山である。

【8月10日】
3日目の利尻空港→千歳空港は午後の出発、の為、午前中は自転車をユースで借り、姫沼までサイクリングを三重県から来られたK子さんと
サイクリングロードを走る、30分ほどで姫沼に到着した。

K子さんは登山の前日利尻島を10時間かけて島内を1周した際に海岸沿いを走ったとのこと。
親の援助がなく、独力でUSAの大学を4年間学んで来られるとは、小柄な方なのに強靭な精神力と驚異的なパワーを秘めている。
姫沼を周回しKさんは来た道のサイクリングロードを、私は新しい、海沿いの道を走ることにした。

海岸には利尻昆布が干してある珍しい光景が見られた。
その後、ユースのご主人に早めに利尻空港に送って頂き、無事チェツクイン済まし千歳空港から小樽経由で
次の目的地である、羊蹄山の麓にある宿、具知安ユースホステルに向かう為、JR具知安駅を目指す。


【8月8日】
羽田空港(06:30)〜千歳空港(08:05/12:25)〜利尻空港(14:45)空港上空に雲が発生し 到着時間が遅れる。
グリーンユースホステル泊(15:15〜

【8月9日】
 利尻岳 登山
ユース出発(05:00)〜利尻北麓野営場(05:10〜15)〜5合目(6:33)〜8合目(8:42)〜
利尻山頂(10:30〜11:00)〜北麓野営場(15:25)〜利尻富士湯温泉(15:30〜17:00)〜
利尻グリーンユース泊(17:20)


【8月8日】
 サイクリング
09:00〜11:00) 利尻空港(11:30〜13:40)〜千歳空港(15:20)〜
JR千歳〜具知安駅〜真狩ユースホステル(19:00)

                     
              歩行時間 登り5時間15分  下り 4時間25分 (食事 休憩含む)




利尻岳往復のGPS軌跡です

利尻岳往復のGPS軌跡です

利尻岳往復休憩を含む10時間のGPS軌跡です 利尻島のGPS軌跡

利尻岳往復の往復10時間のGPS軌跡です

利尻島&GPS軌跡
利尻空港玄関付近 夢の浮き島にようこそ
利尻空港 夢の浮島にようこそ
利尻グリーンユースホステルに到着したときにはすっかり雲も取れていた 到着した当日、標高30mの夕陽丘に登る
空港だけにかかる雲 夕陽丘よりの展望
利尻グリーンユースホステル ご主人、寺下さんとその友人がギターを弾き若い方達の歌声で夜は更けて行く
利尻グリーンユース素敵なYHでした
(後日このYHは一般の民宿に成ったそうです)
YH食堂(夜はコンサートが開かれる)
夕陽丘より利尻島を望む 8月8日に到着した当日、ユースホステルの裏
夕陽丘からの利尻岳 夕日が丘よりの夕日(YHのすぐ裏)1日目
ユースホステルから車で15分くらいの見返展望台より8月9日の夕日です 利尻岳登山道に咲くトリカブト
見返りヶ丘より(YHより車で15分)2日目 登山道に咲く花(トリカブト?)
?
登山道に咲く 登山道に咲く花
9合目付近からの利尻岳 急な登山道を慎重に降りるKさんとNさん
6合目付近からの利尻岳 急坂を慎重に降りるKさんNさん(帰路撮影)
ルートを確認するIT企業に勤務するエンジニアのTさん、後方は携帯トイレが使用できるトイレ 9合目付近で一休み
ルートを確認するエンジニアのTさんとN子さんK子さん 9合目付近で小休止するTさん、N子さん
利尻岳山頂からの展望 利尻岳山頂に咲くイブキトラノオとローソク岩
利尻岳山頂の展望 1 利尻岳山頂のローソク岩とイブキトラノオ
利尻山頂の社 ユースは夜食が付かないのでコンビニか、魚の美味しい力丸で
利尻山頂の社 ウニ丼と、お刺身も美味しかったお店
新鮮で甘いウニ丼 3000円 利尻空港 後方は利尻岳
新鮮で甘く美味しいウニ丼3000円也 帰路、千歳空港に向かう、利尻岳が見送ってくれた
オホーツク海が眼下に 積乱雲
オホーツク海 積乱雲





利尻岳 主な費用内訳
羽田→千歳(片道)ID75     JAL
千歳→利尻(往復)シニア割引 ANA
利尻グリーンユースホステル2泊
夜食 1泊目
夜食 2泊目
温泉入浴料

 9000
30000
 7980
 1800
 3000
  500

         費用合計 52280円




    
   


アクセスカウンター
利尻岳