黒部五郎岳      2839.6m         NO−145 2006/8/23 天候 快晴 気温 9度          日本百名山                                                  双六岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜鷲羽岳〜 水晶岳〜野口五郎岳〜笠ヶ岳

第1日目       歩行時間 6時間30分(休憩含む)    行動時間 7時間10分
都内(04:00)〜中央高速道談合坂IC(朝食30分)〜松本IC(07:16)〜安房峠〜新穂高バスターミナル
(08:50)〜無料駐車場(08:30〜50)〜わさび小屋(11:10〜50)昼食〜鏡平小屋(16:00)泊〜

第2日目       歩行時間 6時間55分(休憩含む)    行動時間 7時間45分
鏡平小屋(05:30)出発〜弓折岳(06:20〜30)〜双六小屋(07:35〜55)〜双六岳(09:10〜20)〜

三俣蓮華岳山頂(10:50〜11:40)昼食〜黒部乗越分岐〜黒部五郎岳小舎(13:15〜)泊


第3日目
黒部五郎小舎(05:10)〜黒部五郎岳頂上(07:00〜40)〜黒部五郎小舎(09:20〜10:00)〜

黒部乗越(11:40)〜三俣山荘(12:50)泊〜

             歩行時間 6時間40分           行動時間 8時間

昨日黒部五郎小舎には13:15分到着、サブザックならコースタイム往復4時間の所3時間30分位で
夕食までは帰れそうだが、山荘の主人は天気情報ではこれから雷雨があるから、登らないようにとの事、指示に従うこととする。

15:00ごろから予報どうり雨が降り出す、やはり行かなくて良かった。
登頂は明朝早く登ることにし、夕食までの4時間の長い時間をもてあましながらも周囲の散策やら、登山者との山談義に話が弾み、プログを開設しているI氏とアドレス交換などをする
後日分かった事ですがI氏は皆さんを山に案内したりするリーダーとのことでした。

黒部五郎小舎の食事は美味しいですよと鏡平小屋に同宿した登山者から聞いていた。
夕食の時間になり出てきた料理が旅館の食事のように美味しい、おそばまで付いているのにビックリでした…山小屋の食事は簡単なものが定番ですからね…カレーライスとか。

食事の後18:30〜19:30まで食堂でシンガーソングライター、リピート山中さんの山の歌を1時間ほど聞く機会を得ました
以前焼肉の歌でヒットしたと自己紹介があり、31歳で山の天候の予測を間違えて亡くなられた
北アルプスの厳冬期を日本で初めてすべて踏破された方の歌を作られ、夏に山頂で歌を
歌い続けてるとの事、食後に、その歌を聞いたときは思わず涙が出て止まりませんでした。

04:30朝食をすませ05:10に出発、04:00頃カールが日の出と共に赤く染まる光景を写真に収める為
出発された女性がバッチリ撮れましたといって降りてきた、小舎から1時間30分ほど登ったお花畑のあるカール付近でした。

好天で迎えた山頂で、360度の大展望を40分も堪能し至福の時を過ごし、小舎に戻りサブザックから40Lのザックに荷物を取りまとめ、三俣山荘に向かう

リピート山中さんの公式ホームページのアドレスはhttp://repeat.ddo.jp です覗いてみて下さい。

夕食までの4時間を小舎周囲の散策ですごす。 ホテルの食事のようでした、そばまで付いて美味しい夕食でした
夕食までの4時間小舎の周辺の散策で、21日に三俣蓮華岳〜黒部五郎小舎間で登山者のストックに落雷奇跡的にも火傷だけで命に別状は無かったそうです
美味しかった食事(サラダ&おそば付き黒部五郎小舎の夕食)
04:00起床04:30朝食05:10出発する 小さな沢を渡渉したりチングルマなどの咲く登山道
小舎の早朝は未だ薄暗い05:00頃 お花畑の登山道
山頂まで登り2時間30分コース途中に五郎のカールが見えてくる 岩場に咲く花が迎えてくれた
06:00頃カールに陽があたり始める ウサギ菊
登山道に咲く花…イワイチョウでしょうか 黒部五郎岳頂上より槍ヶ岳、奥穂高が展望できる
黒部五郎岳山頂にて2890m 御岳山、乗鞍岳、笠が岳、焼岳が見える
昨夜黒部五郎岳小舎の食堂で1時間ほど山の歌を聞かせていただいた 三俣蓮華岳、黒部五郎岳、三俣山荘分岐
リピート山中さん、これから山頂で歌うとのこと 三俣蓮華岳、黒部五郎岳と三俣山荘の分岐
小イワカガミとハクサンイチゲ ウサギキクとテガタチドリ?
コイワカガミとハクサンイチゲ テガタチドリ?とウサギギク
この雪渓を渡ると三俣山荘はもうすぐ 三俣山荘が見えてくる、明日登る鷲羽岳2924.2m
この雪渓を渡ると三俣山荘はもうすぐ 三俣山荘が見えてくる前方は鷲羽岳(2924m)


参考資料
三俣山荘
1泊2食付

費用合計
8500円


8500円

               昼食はお湯を注いで出来上がる五目飯を5日分持参する

山行4日目鷲羽岳 
水晶岳、野口五朗岳へ 
アクセスカウンター

   

黒部五郎岳