金峰山   2599m  NO-277 2018/10/21(日) (車)参加者2名 野田氏 鶴岡(81歳) 天候 快晴 気温 ー2℃~4℃ 総歩行数 野田氏20,000歩 鶴岡21,500歩 無線交信JH4RCK 430MHz5QSO 144MHz8QSO              JH1SGG430MHz 3QSO     
                                            日本百名山
                             18年振りの金峰山です

大弛峠~朝日峠~朝日岳~金峰山~朝日岳~朝日峠~大弛峠




山梨県では「きんぷさん」長野県では「きんぽうさん」と呼ばれています。

秩父主脈の西部にあり、その高さにおいてはわづかに北奥千丈岳に劣るものの、

秀麗な山容と変化に富む山稜とによって奥秩父の盟主と言える雄峰です。

山頂に聳え立つ五丈岩はこの山のシンボル。

かつては修験道の信仰の山でしたが、今はその面影はありません。 (山と高原地図より)






    都内(03:00~首都高速~中央高速道~談合坂SA(朝食)~勝沼IC~川上牧丘林道(43km)~大弛峠

~(07:00)~朝日岳~金峰山(11:20&11:45)(下山開始12:30)~朝日岳~大弛峠~川上牧丘林道~鼓川温泉

~(食事18:00~20:30)~勝沼IC~中央高速道(渋滞25Km複数個所)~首都高~都内(00:15)

JH4RCK 野田雄三氏に早朝にピッアップ頂き往復の運転お疲れさまでした。

18年ぶりの金峰山登山が出来ました、紙面をお借りしお礼申しあげます、有難うございました。




       
                                 写真はJH4RCK  野田雄三氏撮影


大弛峠駐車場 登山口付近に駐車できました
大弛峠駐車場 登山口近くの空きスペースに 駐車
大弛峠登山口 岩の多い登山道を登ってくるJH1SGG
 大弛峠登山口 JH4RCK 野田氏 岩の多い登山道を登って来るJH1SGG 
木々の間から突然現れた冠雪の富士山 朝日岳の岩場 
 綺麗な冠雪の富士山が樹木の間から突然現れる。 朝日岳の岩場 
登山道は5~6回ほど登り返しが有り岩場が凍結している ガレ場で富士山を愛でるJH4RCK 野田氏 
 登山道は5~6回ほど登り返しが有り凍結ヶ所も多く気が抜けない 登りのガレ場で冠雪の富士山を望む  JH4RCK 野田雄三氏は
会社を審査する審査員の仕事で全国を飛び回ってをられます。
18年振りの金峰山 山頂も近い 朝日岳付近五丈岩が遠望できる
 18年ぶりの金峰山 2599mの山頂ももう少しで到着です 朝日岳 付近(五丈岳が遠望できる)
陽光に輝く樹氷
樹氷(エビのしっぽ)が出来ている
陽光に輝く樹氷 
 金峰山山頂手前の巨岩を超えてくると山頂です  山頂到着しました
 山頂手前の巨岩を越えてくると山頂です(段差が大きい) いよいよ到着です。
 金峰山山頂のJH4RCK 野田雄三氏 金峰山 山頂のJH1SGG 私です 
 金峰山 山頂のJH4RCK 野田雄三氏 金峰山山頂  2599m JH1SGG 鶴岡
岩場を降りると山頂です 山頂付近の標識 金峰山小屋の食事は随一と北アルプスの燕山荘のご主人から伺いました
岩場を降りると山頂です。前方は五丈岩  山頂近くの標識  金峰山小屋の食事は最高ですよと
北アルプスの燕山荘主人から以前伺いました。

JHK4RC 野田氏とJH1SGG 鶴岡 五丈岩前にて 振り返れば朝日岳の稜線
 JH4RCK  野田雄三氏 & JH1SGG 鶴岡です 振り返れば 朝日岳の稜線
 登山者で賑わう金峰山山頂  JH1SGGは18年振りの山頂を後にする
登山者 で賑わう金峰山山頂(2599m) JH1SGG18年ぶりの 山頂を後にする
 下山したJH4RCK 野田雄三氏  JH1SGG 鶴岡も無事下山しました。
駐車場に到着JH4RCK 野田雄三氏    JH1SGG  鶴岡 無事下山しました。

 最後までご覧いただきありがとうございました。

12月の山行は雲取山の予定です。