開聞岳   924m       NO-180 2007/12/23 単独 (タクシー バス) 天候 晴れ 気温18℃    

 日本百名山        

かいもん山麓ふれあい公園〜登山口〜山頂〜往復


  開聞岳は薩摩半島の南端に位置し標高924mの独立峰で「薩摩富士」とも呼ばれ、円錐形の
美しい休火山である。
頂上には御岳神社と言われる石の祠が祭られ古くより山岳宗教の聖地として、崇められた神の山であり現在でも参拝登山を行う信者も多い。

山は紀元前500年前に初期噴火があり874年と885年に大きな噴火の後噴火していない。
上部がトロイデ型(鐘状火山)で其部がコニーデ型(成層火山)の二重火山のようである。

12月19日 (小雨)    歩行時間37分
羽田空港(JAL1863)08:05/11:00→鹿児島空港(10:00/10:30)→屋久島(JAC3743便11:05)であったが
出発が20分遅れ08:20となり屋久島到着も11:25となった。

レンタカーにて淀川登山口(13:40〜14:10)〜淀川避難小屋(14:47〜05:40)

12月20日 (快晴)    歩行時間 約10時間     行動時間11時間
淀川避難小屋(04:00起床、食事〜05:40)〜花之江河(07:00〜05)〜黒味岳分岐((07:37)〜

黒味岳山頂(08:00〜10)〜黒味岳分岐(08:34)〜安房岳(10:15)〜翁岳(10:27)〜栗生岳

(10:44)〜宮之浦岳(11:16〜12:20)〜花之江河(14:36〜45)〜淀川避難小屋(16:01〜22)〜

淀川登山口(16:40〜17:00)→まんてん天然温泉(18:00〜20:15)→(ユースホステル(20:45〜


12月21日 (薄曇り)   歩行時間  8時間
ユースホステル(起床03:30〜04:00)〜荒川登山口(05:32〜06:02)〜楠川分れ(07:06)〜

大株歩道(08:28)〜ウイルソン株(08:56)〜縄文杉(10:19〜30)往路下山(荒川登山口14:00)

空港前レンタカー会社(15:00)〜宮之浦港(15:30〜15:45)高速船〜指宿港(17:15〜17:30)

タクシー〜かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場(18:00〜幕営)

【12月22日】                歩行時間 4時間 5分
キャンプ場出発(09:30)〜2合目登山口09:45)〜開聞岳山頂(11:20〜30〜往路下山(13:50)〜


 昨夜から小雨が朝方まで残り、開聞岳への登山を遅らせる、
09:00になると空は雲が切れ明るくなって来た。

早速、テントはそのままに、身支度を整える、必要最小限なものだけをサブザックに入れ、出発する。
登山口2合目はキャンプ場の回り込んだ10分ぐらいの所にあった。
7〜8人のパーテーがストレッチをしていた。
道を譲って頂き先に出発、昨夜来の雨で登山道は湿っているが歩きやすい。
7合目にはベンチが有った。
少し岩場を過ぎると枕崎方面が眼下に広がっている。
程なく頂上に到着した、頂上は思ったより広い。
皇太子殿下が登られたとプレートに記されている、写真を撮り10分ほどで山頂を下りる。

途中細い登山道で先ほどのパーテーが登ってきた、翌日霧島えびの高原と翌翌日に高千穂峰でお会いした四季山遊会の皆さんとのこと。
屋久島から北海道の方が参加とのことでした。
下山は13:50分、「うまいそば有ります」との看板に誘われ、そばの館で昼食を取る。なんと私のテントが100m横に見える、キャンプ場敷地内であった。

連泊して未体験の砂風呂温泉に明日、行くことに決める。
早速管理事務所に出向き手続きをすます、テントは私の1張りのみ、全体が芝生で覆われ快適である。炊事場と水洗イレは10mくらいの所大きな木に覆われた場所にテントを張った。
あまり雨も落ちてこない。
管理事務所にミニコンビニくらいの売店があり食べ物や洗剤を取り揃えていた。

シャワーは200円、汗を流す間に備え付けのコインランドリーで洗濯を終え夜食をすます。
地熱があるせいか秋の「クツワムシ」がガチャガチャ、コーロギや5種類ほどの虫の合唱を聞きながら
眠りにつく。
明日は霧島への移動日、お天気は良いとの情報を得ている。

【12月23日】  移動日

キャンプ場(08:30)→タクシー山川天然砂風呂温泉(09:00〜10:00)→タクシーJR山川駅→

JR指宿駅→急行高速バス鹿児島空港行き→(11:15〜)鹿児島空港着(12:45)昼食→

レンタカー会社〜霧島えびの高原キャンプ場(15:00〜18:00)〜(えびの高原国民宿舎温泉)

指宿市長からの開聞岳登山証明書
指宿市長からの開聞岳登山証明書

NHKの大河ドラマ、話題の篤姫が18歳まで過ごした指宿です
頂上直下,枕崎方面の展望 電波状態が悪く軌跡が途切れ途切れ
家族ずれにはバンガローがあり、シャワー、水洗トイレ 炊事場有り 皇太子殿下も訪れている開聞岳
かいもん山麓ふれあい公園キャンプ場 開聞岳 山頂

市営山川天然砂むし温泉受付
専用浴衣付き(シャワー有り)
その昔、島津の殿様も山川砂むし風呂に何度も入られたとか
海岸にある砂むし天然温泉
専用の浴衣1枚で熱い砂の中に
(熱くて10分くらいが限度です
島津の殿様もよくここにお出でになられたとか
昨日登った開聞岳 JR指宿駅前にある足湯でリラックス
砂風呂温泉から昨日登った、開聞岳 指宿駅前の足湯でくつろぐカップル
JR指宿駅付近で鹿児島空港行きのバスを待つ 指宿駅前の風景
JR指宿駅 指宿駅前で鹿児島空港行き11:15分発のバスを待つ


開聞岳費用内訳
宮之浦→指宿(Topi高速船)
指宿港→開聞山麓ふれあい公園
キャンプ場(シャワー代込み)900X2泊
国民宿舎コインランドリー代
指宿港(タクシー)→ふれあい公園
公園  (タクシー)→砂むし天然温泉
温泉(タクシー)→JR山川駅
砂むし温泉
JR山川駅→JR指宿駅
高速バス指宿→鹿児島空港

 6000

 1800
  350
 3920
 2470
 2080
  800
  200
 2100

開聞岳費用合計 19720円


 かいもん山麓ふれあい公園  住所   鹿児島県指宿市開聞十町2621−6
                           TEL 0993−32−2728

キャンプ場(芝生) オートキャンプ場、ログハウス、ゴーカート(1周 924m)、パターゴルフ、
グラススキー、シャワー(200円) コインランドリー、そばの館(そば打ち体験400円)



アクセスカウンター


      

開聞岳