常念岳   2857m     NO-193 2008/9/13 単独(車) 天候 小雨/曇り 気温、山頂12℃ 走行`数 270キロ(片道)   日本百名山
 

                                                       

 安曇野から見える常念山脈のなかでもひときは目立つ常念岳は美しい三角錘の姿をしている
以前燕岳から槍ヶ岳までの表銀座を縦走した折、西岳ヒュッテよりご来光が常念岳付近からであった
事が思い出される。



【第一日目】          歩行時間 5時間 
 常念岳から蝶ヶ岳を経由し三俣からのトライアングルコースと思ったが1泊2日の休暇の為,
一の沢沿いが常念小屋近くまで沢が続く快適なルートを往復とするピークハントになる。

早朝00:20都内自宅を出発し、梓川SAで朝と昼の食料を購入し一の沢登山口1.1km手前にある駐車場に到着、40台ほど駐車出来るが04:30には既に一番奥に2台ほどの空スペースしかなかった。
出発まで少し仮眠する。
車の屋根を打つ雨の音で目をさます、天気予報では曇りであったが1日早くなったようである。
2連休になった為、常念岳のみとし、下山後は穂高温泉に昔単身赴任で当地に来ていた折、何度も
利用した町営温泉のしゃくなげ荘で温泉に入り雨の日曜日を過ごす予定であった。

一の沢登山口から登り始め、沢を何度か渡り、沢の音を聞きながら数時間登る。
関西弁ではない大阪から見えた3人パーティの皆さんとお会いし一緒に登る。
30人近くのパーティーを2組程追い越させて頂く、行き交う人の多きこと、2時間程で
雨は上るが、雨具を着けて丁度良い気温でした。

程なく常念乗越に出る、出発して4時間、常念小屋は100mほど下にあり
特徴のある赤い屋根が見える。
11:07にチェクインする、1泊2食(翌日昼の弁当と言ってもスナック菓子)付き付きで9500円。

今日は3連休の初日で1枚の布団に寝袋で2人ですとの事、狭い6畳間に12名、
足の踏み場も無い、状態は10年間で3度目の体験でした。
車に置いてきたテントを担いで来れば良かったと反省しきり。

徹夜の運転で睡眠不足でなければ下山したい所だが、取敢えず昼食を済ませ、
大阪から来られた3人パーティの方と13:30分から山頂のガスも取れたので
常念岳頂上を目指す、遠くからは綺麗な山容に見えるが岩ばかりの山であった。

約1時間で山頂に到着し、小雨がポツリポツリと降り出したので、早々に下山し常念小屋にて夕食をとる、
消灯まで同室の登山客と山談義で盛り上がる。

【第二日目】天気は晴れ    常念岳下山 3時間   御嶽山往復 4時間40分   合計7時間40分
  
小屋を後にしたのは翌朝07:08、一足先に出発した団体さんを追い越し、小屋を出発し約3時間で
駐車場に下山した。

明日は祝日であるが成田空港まで支社長をお送りする仕事があり、祝日出勤であるが、
体調は非常に良く疲労感はない
このまま東京に帰るにはもったいない、天候も良くなって来たこともあり、
10:40御嶽山に向う事とする。

長野自動車道豊科ICから入り〜塩尻ICを出て国道19号〜本橋から県道256号で田の原まで130km
片側1車線の道は里を越え山を越え九十九折の上り坂を登り、田の原登山口へは
13:50に到着、昼食時間も含め3時間10分を要した。



                  

都内自宅(00:20)〜中央高速長野道〜梓川SA〜豊科IC〜一の沢駐車場(04:30〜06:41)〜

登山口(07:02)〜常念小屋(11:07〜13:40)〜常念岳山頂(14:40〜55)〜常念小屋泊(15:40〜

07:00)〜ヒエ平駐車場(10:10〜40)〜中央高速長野道豊科IC〜塩尻IC〜国道19号〜本橋R256

〜御嶽観光センター駐車場(13:50〜10)300台駐車可

ヒエ平〜常念岳を往復したGPSの軌跡です
一の沢登山口手前1.1kmのある駐車場に止める 20分歩くと登山口では団体さんが準備運動中でした
ヒエ平登山口手前1.1kmの駐車場 ヒエ平登山口で準備運動をする団体さん
1時間歩くと沢に出た
約1時間ほどで一の沢
  
登山口から2時間30分ほどで小雨が止む 空が明るくなり雲切れがしてくる
登山口を出発し2時間30程で小雨も上がり雲切れする 空が明るくなって来る
4時間で常念乗越しに到着 常念山頂は小屋から1時間、山頂のガスも取れ登る打ち合わせの登山者達
4時間で常念乗越に到着する常念小屋は目の前です 山頂のガスも取れ、常念岳に登る打ち合わせをする登山客
2時間30分ほどで小雨も上がり青空が覗く 御嶽山が見える
青空広がり雲海が綺麗でした 御嶽山が見える
食事を済ませ、三人パーティの人たちと登り始める
頂上直下のガレ場 振り返るとと横通岳と赤い屋根の常念小屋が見える
 常念岳山頂付近の急登 
 常念岳山頂付近の急登
常念岳山頂の社  
 常念岳山頂の社(2857m)
赤く紅葉している 小屋から1時間で常念岳山頂へ
紅葉したイワウチワ? 小屋から1時間で常念岳山頂、ガスが出てくる
常念小屋の夕食 翌日下山時に見た雲海
ゼリー3個付きの夕食)1泊2食スナック付き9500円 翌日下山時の雲海です

下山後、御嶽山に向かう



費用内訳
首都高速560x2
高井戸〜豊科IC
豊科IC〜塩尻IC
塩尻IC〜高井戸
常念小屋1泊2食
ガソリン代740k/67L
 1120
 2950
  750
 2950
 9500
10988
費用合計
常念岳費用
28258/2
14129円

アクセスカウンター