鳳凰三山    2840.4m           NO-41 2000/10/7〜8 天候 晴れ/曇り 3名 (市)登山愛好会            日本百名山

地蔵岳〜観音岳〜薬師岳

紅葉の鳳凰三山を訪ねて
10月7日
都内(05:30)〜中央道韮崎IC〜青木鉱泉(09:40〜10:00)〜五色の滝(15:10)〜鳳凰小屋
(16:30)
10月8日
鳳凰小屋(05:10)〜地蔵岳(06:20)〜41)〜朝食(07:30))薬師岳(10:15〜11:16野点〜

青木鉱泉(15:30〜17:00入浴)〜韮崎市内(食事17:40〜19:00)〜都内(23:00)渋滞有り

一度鳳凰三山に登りたいとの願いが叶い、市浦会のメンバーリーダーのSさん、Nさんと私の3名での山行を1泊2日で始発で来て木場のバス停にてお二人をピックアップし
中央高速道から韮崎ICを出て青き青木鉱泉の有料駐車場に駐車して今夜の宿泊小屋
鳳凰小屋に向け出発する。
ドンドコ沢に沿って高度を上げる途中、南進の滝、白糸の滝、五色の滝が素晴らしい。

鳳凰小屋への到着は途中にある滝を見ながらゆっくりと登ってきた為、
16:30と6時間30分を要した。
美味しい水が小屋前に有った。
当日の小屋は150人と超満員であった。
翌朝は4時に起床し、夜食事にお願いしておいた朝食の弁当を持ち、
オベリスクの有る地蔵岳に向かう、
小屋を出発し、1時間ほど登った辺りで樹木の間からのご来光を見ながら登る。

地蔵岳に到着したのは06:20 賽の河原、オベリスクを目の前に感動。
花崗岩の白い砂の上で小屋で用意して頂いた弁当をオベリスクを見ながらの朝食。
最高峰の観音岳(2840m)から、薬師岳に到着する。
8月に登った北岳は圧巻であった。

薬師岳では赤い絨毯を敷き、登山者の視線が集まる中、
 最初で最後であろう野点を「薬師岳」山頂で3名で行いました。
茶器の重かった事も良い思い出となりました。

帰路は中道から青木鉱泉に下山し、温泉で汗を流す、帰路に着くも韮崎から渋滞で4時間程かかる。



地蔵岳からの紅葉素晴らしい


オベリスク前にて


観音岳より



雲海遥か下にある