八幡平   1613.3m      NO−190 2008/7/24 単独(車) 天候 くもり 気温 22℃〜17℃ 走行`数 598km     日本百名山

茶臼岳登山口〜茶臼岳〜黒谷地湿原〜八幡沼〜八幡平山頂〜見返り峠


東京自宅(00:25〜01:30)〜東北自動車道〜安達太良SA〜松尾八幡平IC〜茶臼岳登山口

(10:00)茶臼岳(11:02)〜黒谷地湿原(11:05)〜八幡沼(12:30)〜八幡平(12:46〜50)〜見返り

峠(13:15〜14:35)〜松川温泉 松風荘泊(15:10〜05:00))

休暇で平日の山行となり深夜00:30に駐車場でエンジンをかけた所、エンジンの不調か?アイドリング
していると、だんだん横揺れが大きくなる、地震だ!!ラジオのスイッチをいれる。
すぐに地震情報が始まる、なんとこれから向かう岩手県が震源地。
東北高速道が5ヶ所通行止めとラジオは報じてる。
1時間ほどニュースを聞く、火災は発生していない、倒壊家屋も無いようだ。
01:30に岩手県に向け出発する
途国見SAにて給油と腹ごしらえ。途中花巻辺りまで来ると、緊急自動車が数百メートルつながり北上していた。

はやりかなりの被害が出ているのだろうか心配になる。
夜明けて来た、盛岡辺りに来ても火災は起きていないようだ、
ラジオからは被害が少ない旨を報じていた。安心して山に向かう高速道は全線開通していた。
松尾八幡平ICから茶臼岳登山口に着いたのは10:00を少し廻っていた。
駐車場には1台道草を刈る作業の車が停まっていた。
最短コースは2時間ほどで往複できるが、茶臼岳登山口からの3時間10分コースで見返り峠に
出るコースとする。

準備に手間取り歩き始めたのは10:25であった。
30分あまりで、茶臼岳分岐で茶臼避難小屋の前に出た。左に入り茶臼岳山頂(1578m)の山頂を踏み
八幡平に向かう、黒谷地湿原のニッコウキスゲはピークを過ぎていた。
八幡沼付近の湿原の花を愛でながら頂上から見返り峠にでてバスを待ち今夜の宿、松川温泉に向った。

緊急自動車が列をなして向かう 茶臼岳登山口駐車場の前に登山口有り
緊急自動車が救援に向かう列500m位 茶臼岳登山口駐車場到着
茶臼岳山頂 振り返ると茶臼岳が霞んで見えた。
茶臼岳山頂 振り返ると薄っすらと茶臼岳が遥か下に
1時間短縮できる黒谷地湿原合流地点 八幡沼上にある稜雲荘避難小屋
1時間短縮できる黒谷地登山口が合流する 稜雲荘避難小屋
平坦な頂上手前の湿原 八幡沼と稜雲荘
ニッコウキスゲの咲く湿原 八幡沼と稜雲荘
八幡平山頂には展望は開けていないので櫓が組まれていた 綺麗なハクサンチドリ
八幡平山頂 綺麗に咲くハクサンチドリ
ニッコウキスゲとモミジカラマツ ?
ニッコウキスゲ&モミジカラマツ

費用内訳
首都高速
浦和〜八幡平IC
松川温泉
ガソリン代
607km
560
6600
8500
9981

費用合計 25641円
アクセスカウンター