半世紀振りの八丈島                854m          2016/3/11〜14 参加者4名 竹芝港3月11日22時30出発 さるびあ丸  12日09:15八丈島岡田港着 2泊3日 14日9:40発〜19:50竹芝港着  
                                           

芝浦港竹芝桟橋〜八丈島〜八丈富士山麓にて無線運用〜八丈温泉〜  樫立温泉〜芝浦港


  

  201515年10月大島、三原山への無線運用の際に提案があり
神戸から参加のJH4RCK 野田氏が船、宿、レンタカーすべてを手配いただき実現しました

展望台より上の山頂付近のみ雨、で天候不良の為、八丈富士のお鉢めぐりは残念ながら中止となり無線の移動運用のみとなる。

3月11日(金)〜14日(月)2泊3日で八丈島に行ってきました。

20代の頃、八丈島ヘテープレコーダーのメンテナンスに学校関係に行って以来50数年振りの八丈島に
無線運用に行ってきました。

メンバーは無線クラブ会長ご夫妻と神戸から来られたメンバーと私の4人でした。

東京の竹芝桟橋を22:30出発、八丈島到着09:15

悪天候の為、30分近く遅れての到着でした。

船の予約、宿、レンタカーはすべて神戸から来られたN氏に手配頂き、山歩きや、海外旅行では一人旅が多く

伊豆大島に続いて2度目ののんびり旅となりました

天候は2日間とも雨模様で無線運は八丈富士の中腹まで車登り天気なら八丈富士のお鉢めぐりと目論んでいましたが、天候が悪く、登山は取りやめ、

展望台近くで車の中からの無線運用となりました。

初日は7MHz3局、(CW)2日目が10MHzと7MHzで30交信(CWANTを会長からお借りしたりしての運用となり、
足跡を残した程度でした。

温泉で至福のひと時を過ごし、レストランでの夜食、

海の幸を食し島の焼酎で時間の経つのも忘れる程でした。

最終日の14日は9:40分八丈島を出航19:50分

無事に竹芝桟橋に到着、皆さんとお別れし、自宅の最寄り駅まで来てから事故が起きました。

40Lのザックを背負い右手にカート左手にアンテナの入った袋、障害者用誘導路のブロックに躓き顔面をいやというほど叩きつけてしまった。

駅員が病院での検査を進められ救急車を手配頂いた。

病院で頭部のCTスキャン、レントゲンの結果皮下出血はあるが骨、頭部の出血はなさそうだが、
数日は一人での行動は避けてくださいとのことで、帰宅を許されました。

翌日から仕事を休めづ、眼帯をしての出勤でした。

やはり年を重ねとっさの動作が取れなくなって来たのでしょうか?

気を付けなければと思うこのごろです。




 展望台からの眺望
 展望台より
 竹芝港を出航
 竹芝港出発
 3月14日底土港より八丈富士を望む
 底土港より八丈富士を望む
 綺麗な宿ケンチャンルマ
 2泊した宿、ケンチャンRUMA
 ダイバーの宿ケンチャンルマにて記念撮影
2泊した 宿、ケンチャンルマの前で記念撮影左、野田氏、
中央 JN1ZUA会長ご夫妻
 おすし屋さんで新鮮な海の幸のコース
 新鮮なお刺身
 スーパーで購入した美味しい、しまあじ
 スパーで購入したしまあじのお寿司弁当お美味しかった
 
 荒波に洗われた丸い玉石の石垣
荒 波で洗われた丸い玉石の石垣
 展望台にて
 展望台にて