Guest   JA1AUD      梶 真佐男氏






高校時代のラジオクラブ(KRC)で2年先輩のアクティブなDXをされ数々の
WAC&DXCCを完成された

梶 真佐男(電通大卒)氏のアワード紹介です。

週末の土日に自宅の横須賀からフェリーにて金谷経由で木更津の別荘シャックに行き20年の歳月をかけ完成されたそうです。

 JA1AUD 梶 真佐男氏の完成したAWARDの詳細です。

 1 WAC  6m  SSB/CW

 2 WAC 160m    CW

 3 6BAND. WAC 3.5、  7  14 21 28 50  

  4 DXCC. 160m 111ENT /     CW

  5 DXCC.  6m   106ENT / SSB/CW

  6 5BAND  DXCC  3.5  7  14  21  28  SSB/CW

  7 WACA WAGA 6m  SSB/CW

  DXCCは100ENT以上 6m  160m以外はJARL審査代行とのこと。

 
オナーロールは”残り一つ”の所までできました。 
     

 新しく出来たPJ2,PJ4、PJ5&6、PJ7で
   カリブの新エンティティPJ5だけが残っていましたが 2011.11.4 にPJ5と10MHzで交信出来、

2015・2月 KIN(サバナ島)と交信でき残り1つ 
(アベス 島)のみとなりました

  
此の島はベネゼラの海軍が管理しており計画は時々出ますがキャンセルをが多く
  チャンスを待つのみです。   

                      梶 真佐男氏より
 (2019/4/21)



 WACでは160mの南米が一番苦労しました。
   何しろ南米と日本の間が夜間であり時間が短いことと、アクティブに
   QRVする局が少ないからです。
   コンテストに移動運用したHC8(ガラパゴス島)が最初の南米でした。
   後はCEだけです。
   100ENTQSOしてもWAC未完成の局がいるくらいです
           
                       (JA1AUD 梶 真佐男氏談)


   
JA1AUD 梶 真佐男氏の木更津シャックは
今年2019年に閉鎖されたとのことです。
 
CW 1.8MHz WAC JA1AUD  
   
  DXCC 160Meter CW  (JA1AUD) 6Band WAC JA1AUD 
    
 5BandDXCC (JA1AUD)  135KHz リモートアンテナ同調回路
漬物樽に巻かれたコイルに仰天!!
 



    


アクセスカウンター