会津駒ヶ岳   2133m           NO−155 2006/11/4 (土) 単独 (車)天候 晴れ 気温1℃〜6℃ 走行`数 262キロ       日本百名山



駒ケ岳登山口〜駒の小屋〜中門岳〜駒の小屋〜駒ヶ登山口岳


 

都内(02:30)〜東北道〜西那須野塩原IC〜会津駒ヶ岳登山口(06:00〜06:45)〜駒ノ小屋
05〜15)会津駒ヶ岳(09:30〜40)〜中門岳(11:25)〜駒ノ小屋(11:10〜45昼食)〜登山口

(13:30)〜こまどり荘(14:00〜14:30)〜燧ノ湯(14:35〜16:35)〜こまどり荘(16:40〜06:45)

                    歩行時間 6時間45分 (食事休憩含む)

 会津駒ヶ岳登山道の駐車場はP5台と地図に書かれている早朝迄に着かないと車の駐車が出来ないのではとの思いから、2時起床、2時30分の早朝に出発する。
昨夜の帰宅は22:00、睡眠時間3時間ではあったが、山歩きとなると眠くはない。

何時もならSAで朝食をとるが、出発し1時間後の03:30には宇都宮ICを通過していた。
塩原ICからR400→塩原温泉郷→R121会津高原駅→R352を舘岩村から沼田街道を左折し桧枝岐温泉へ、シーズンには街道に面した駐車場に誘導されるようだが、駒ヶ岳駐車場にはトイレがありここで身支度をし、さらに70mほど先に登山道の看板のあるところを右折し山道を登る、歩くと20分だが数分で登山道入り口の階段が現れる、その先に5台ほど駐車ができる道幅の広い場所に駐車。
100メートルほど手前にも20台くらい駐車可能な場所もある

駐車場所を確保し朝食を取り、歩き始めたのは06:45であった。
途中から新潟からこられた私より9歳ほど若い男性と一緒に登る、学生時代から登山をされているとのこと、着実なゆっくりとしたペースで登る、結果的に標準タイム3時間の所を2時間20分で駒の小屋に到着する。
ここからは稜線歩き、3分の小休止の後、会津駒ヶ岳山頂に向かう、山頂は樹木に覆われ展望は得られなかった。
山頂から45分で池塘の有る中門岳に到着、絵葉書を見るような風景で、雲上の散歩を楽しむ。
少し先の山頂の池塘を廻り、駒の小屋前に戻り昼食とする。

下山は13:30、国道の駐車場近くにある今日の宿、こまどり荘で無料サービスカードを借り、車で5分
程先、桧枝岐役場近くにかかる橋を渡り、硫黄温泉、露天風呂の有る、燧の湯で至福の時をすごす。


絵葉書を見ているような風景でした
素晴らしい展望の 中門岳 (この一帯を言う、桧枝岐村とある)
登山口の急な木の階段 2番目に到着した登山口に一番近い駐車場所です、100手前に20台は駐車できるし、20分下の国道近くにトイレと大きな駐車場がある。
登山口は階段から 登山口から30m先に5台程駐車可能
標準タイム3時間でこの駒の小屋に到着する 駒の小屋前の駒の大池 駒ヶ岳 方面
駒の小屋前  小屋前にある駒ノ大池 
霞んで見えるのは尾瀬の燧ヶ岳です 会津駒ヶ岳山頂  展望はない
草原上の湿地 夏にはハクサンコザクラの群落が 会津駒ヶ岳山頂 (2133m)
駒の小屋裏のトイレは下半分がコンクリートで作られ、2階から出入りできるようになっている 露天風呂のある硫黄温泉 燧の湯
駒の小屋裏のトイレ 豪雪地帯の為か
下の部分はコンクリートで出来ている
露天風呂のある硫黄温泉 燧ノ湯
民宿 こまどりで入浴料無料パスを借りる


尾瀬の宿 こまどり

福島県南会津郡桧枝岐村滝沢1052-1 TEL 0241-75-2082

会津駒ヶ岳 山行費用
首都高速
川口〜西那須野塩原IC
民宿こまどり(1泊2食付)
2人以上は1人7500円
262km/968km 90L

費用合計
   560
  2550
  8500

  3300

 14910円

朝食後蔵王へ


    
アクセスカウンター